スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ポチッとしていただけると、ルフィも喜びます♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村

私とマックス♪

マックスとは、私が小学生のころから、実家で飼っていたワンコ。

シェルティーの男の子。


母の知り合いのお宅で飼っていたシェルティーに赤ちゃんが生まれ、

動物大好きで、沢山のインコや庭でワンコを飼っていたウチに

どうしても貰ってほしいと、半ば強引に家へやってきた。

家の中でワンコと暮らすことが夢だった小学生の私は

スゴクスゴク嬉しかった。



名前は父がマックスとつけた。

コタツの下でお座りが出来るほどチビだったマックスは、

あれよあれよ言う間に大きくなった。


シェルティーは羊飼いのお伴をするシープドッグなので、

マックスも走ることが大大好きだった。

当然、 『お散歩命!!』 で、

中でも、私と行くお散歩が大好きだった。私だと、一緒にイッパイ走ってくれるからね♪

中学、高校と、私は毎日マックスと夕方散歩に行っていた。 毎日楽しかった♪
                   あっ、友達がいなかった訳じゃないですよ~~(笑)


マックスは、お利口さん(?)で

お散歩は私、その他のお世話は母、一緒に寝るのは父、と決めていた。
     (姉がいるんだけど、姉ちゃんとはあまり絡んでなかったな~~)



ワンコと一緒にお布団で寝ることが憧れだった私は、

何度も何度も自分の部屋へマックスを連れ込んだが、

断固拒否されて、ドアをガリガリ、  『出せ~~~~っ』 と振られ続けた。



マックスが8歳になったころ、彼が病気になった。

マックスは、食べ物への執着が全く無く、ご飯にも全く興味がなかった。



つまり、ご飯を食べない。  ほとんど・・



今思うと、それでも元気だったら、それでよかったのかもしれない。

でも、無知な飼い主は、少しでもご飯を食べてもらおうと

人間の食べ物を与えていた。 それさえも、別に喜んで食べるッってほどもなかった。

よく生きてたね・・・(-_-;)  燃費よすぎやキミ・・・


その頃、運転免許の無かった私と母は、マックスを自転車の後ろカゴに乗せて、

毎朝、動物病院まで押して行った。

朝預けて、数時間かけて点滴をしてもらい夕方迎えに行く。 何日も何日も通った。

動物保険なんて、知らない時代。母はスゴイ治療費を払っていたと思う。



治療のかいがあって、マックスはスゴク元気に回復した。

点滴生活でやせてしまった彼のため、食べ物も工夫した。

お蔭で、また一緒にお散歩にも行くことができる様になり、

昔よりは弱っていたものの、普通の生活をしていた。




そんなある晩、なぜかマックスが私と一緒に寝てくれた。

あんなに拒否っていたのに・・・ 布団に入って朝まで一緒にいてくれたのだ!!!

夢がかなって、すっごい嬉しかったな・・・。




次の日の夜、私がお風呂に入っている間に、マックスは亡くなってしまった。

母に呼ばれ、慌てて出て来た時には、もう息が無かった。

心臓発作だった。

ソファの上で立ち上がった瞬間、ビクビクっと痙攣して、パタッと倒れたと母から聞いた。

その時、私は泣いていたのかな??? 記憶がない。

予想もしていなかった。 突然すぎた。


でも、前の晩、私と一緒に寝てくれたマックスは、自分の死をわかっていたのかもしれないと思う。

懲りずにしつこく連れ込む私の願いを、最後に叶えてくれたのだと思わずにはいられない。

あんなに拒否していたのに。 最後なら尚更、父と寝たかっただろうに。



マックス、ありがとう。

分かっていれば、もっと味わって一晩過ごせばよかったよ。





20年たった今でも、よくそう思う。




犬ってすごいね。一緒に暮らすと、こんな事してくれるんやとシミジミ思う。



私は、いまだに息子にもルフィにも間違って『マックス』と呼んでしまう。


困った時の神頼みは、必ずマックスにお願いする。

『マックスお願い、お姉ちゃんに力貸して・・・』と。


きっと彼は、

『いやいや・・  俺に言われても・・・』 と思っているだろう(笑)




一緒に暮らしたのは、たった9年間。

今の私なら、きっともっと長生きさせてあげられた。

本当に、無知なダメ飼い主だった。 マックスごめんね。




そんな思いで、私は今居るルフィを大切にしてるよ。

ずっと昔の事なのに、私は今でもマックスが忘れられない。




マックスにとって、私はお姉ちゃんだった。

ルフィにとっては、私はお母さん。

少しね、立場が違う。 かかわり方も違う。


私にとってのマックス。

弟であり、相棒だった。どんなワンコと暮らしても、一生忘れない。


息子にとってのルフィがそうなればいいな~~と

母は思うのであります。





ワンコと暮らすことは、色々大変な事もある。

ぶっちゃけ、お金もかかる(-"-)

寿命の短い彼らの死にも、向き合わなくてはいけない。


それでもワンコと暮らすのは、無条件に可愛いから。  みんなそうですよね!!

マックスにしてあげられなかった事、ルフィに請け負ってもらおう♪



あっ でもキミはマックスの代わりじゃないよ。

キミはキミ!!!  キカン坊主のわがまま、甘えん坊。

大切な私の息子

一日でも長く、元気で、お母さんのそばにいてね。

これからも楽しい事いっぱいしよう♪




 マックス、見ててね***





IMG_3906_R2 え








ご覧いただきありがとうございます♪
 お時間あるよって方、見たよって、コメントや拍手、お願いできるとルフィもとっても喜びます(≧▽≦)
 お手数ですが、宜しくお願いします♪ !(^^)!


     ↓ランキングに参加しています。
           応援ポチッお願いしまス♪

ポチッとしていただけると、ルフィも喜びます♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

No title - aco - 2013年09月12日 16:32:52

マックス君、すごいですね(*^^*)
きっと、気持ちがわかって、一緒に寝れたと思います。
思い出を最後に作ってくれて、最後のプレゼントですね♪

犬って、スゴイですね。私達の気持ちちゃんと、わかってるから。ずーっと、心の中で生き続けてますよねv-238

初めてのわんちゃんだし、今と立場が違うけど、その経験が
また、ルフィ君に繋がってるんですよね~
私も同じ気持ちで、ずっと、楽しく暮らしたいと思ってます♪

最後のルフィ君のポーズ、我が家のソラも
あるあるポーズで~す。
可愛い~♥

No title - タローの母 - 2013年09月12日 20:20:35

マックス君我が家に18年4ヵ月居た仔と全く同じです
ブログ拝読していて家の子が思い出されて涙涙です
二度とワンちゃんは我が家に迎えないと一年頑張りましたが
やはり亡くなった子がタローを連れてきてくれました
心のうちで有難うと言いながらタローとの生活を楽しんでいます

- miki - 2013年09月13日 10:40:46

ママさん
なんだか泣けてきましたよT_T
記事を読み、昔家で飼っていた犬の事をおもいだしました。
その時は私もお姉ちゃんの立場でした。今はお母さんの立場ですものね。
ママさんの気持ちはマックスくんにも十分伝わっていると思いますよ(o^^o)天国から今のママさんとルフィーくんをきっと見守り続けていることでしょう。(^-^)

No title - のばら - 2013年09月13日 16:01:27

マックスくん、きっと今までの感謝の気持ちで一緒に寝てくれたんですね。
そして、もっとこうしていたいと思っていたでしょう。

私も子供の頃から何匹も犬を飼ってきたので、ワンコってすごいな、
こんなふうに自分の気持ちを伝えてくるんだ、と思った経験があります。
愛情を倍返し!してくれますね。

素敵な話を聞かせてもらって、ありがとう♡

No title - ぺろまま - 2013年09月13日 17:52:24

コメント頂きありがとうございました♪
私も実家で飼っていたワンコのことはよく思い出します(涙)
マックスくんもたくさんの力をママさんに与えてくれたんでしょうね。
私もいっぱい元気もらったし、今もぺろにはいっぱい幸せもらってるなー。
わんこってほんとすごいですよね♪
ルフィーちゃんも大切にしてくれるママさんのとこで、
幸せそう♪
ルフィーちゃんともいっぱい素敵な思い出が増えていって楽しみですね♪

No title - ルフィママ - 2013年09月13日 21:05:04

>aco様

そうなんです。ホント最後に最高のプレゼントでした。
人間と犬でも、一緒に暮らすと家族になれるんですよね。

acoさん家は、ご自宅のワンちゃん+アルファで、
にぎやかで素敵ですね♪
家ではルフィだけでいっぱいいっぱいなので、
acoさんちに体験宿泊させて頂きたいです(笑)

No title - ルフィママ - 2013年09月13日 21:14:57

>タローの母様

とっても長い生きなワンちゃんだったんですね***

亡くなった後も、こうしてたまに思い出している事も
彼らはわかっていて、きっと喜んでくれていると思うのです。

タローちゃんが家族になったのも、きっと意味があるんですよね・・・。
私も今の幸せをかみしめて、暮らしていかないと!!ですね♪

No title - ルフィママ - 2013年09月13日 21:28:48

>miki様

泣かせちゃいました??(笑)
一緒に暮らした思い出は、今思い出してもウルッときちゃいますよね。

そうなんです♪
お母さんの私たちのは、この子たちを幸せにしてあげる力が、
お姉ちゃんだった時より一杯あるんですよね***
責任重大・・・(笑)
全力で頼ってきてくれるので、幸せにしてあげたいですよね(*^▽^*)

No title - ルフィママ - 2013年09月13日 21:36:31

>のばら様

私がお姉ちゃんのはずだったのに、最後の最後で「やられた・・」って感じです。
ホント、倍以上返し。(笑)

どうしてこちらの感情がわかるんでしょうね・・・
犬って本当にステキな生き物だと思います。

のばらさんに教えて頂いた、スマイル選手権、厚かましくも
エントリーしちゃいました。 事後報告でスミマセン(*´ω`)

No title - ルフィママ - 2013年09月13日 21:44:50

>ぺろまま様

ワンコって、ホント幸せをくれますよね~♪
無条件でカワイイ( *´艸`)

ルフィと幸せに暮らすことが、マックスへの感謝を伝える
唯一の方法かな~~なんて勝手に思ってます。

ぺろちゃん一家も、と~~ってもしあわせそうですよ( *´艸`)

摂津峡や河川敷が地元って、このあたりなの??
もっと遠い大阪かと思ってました(^_-)-☆

No title - まるこんぶ - 2013年09月17日 02:06:26

マックスくん、ルフィママさんとのお散歩がすごく楽しかったんですよね、きっと。
だからまた一緒に散歩したいっていう気持ちで
ベッドに入ったのかな~なんて・・・勝手に思っちゃいました(;_;)

そして改めて、バニラを大事にしたいっていう気持ちを
強く持ちました。
おもわずムギューって抱きしめちゃいましたよ~(*´▽`*)
迷惑そうな顔をされましたが(笑)

本当に素敵なお話、ありがとうございましたv-238
思わずウルウルしちゃいました・・・

No title - ルフィママ - 2013年09月17日 13:17:41

>まるこんぶ様

ステキって言っていただき、ありがとうございます♪
ホント、可愛い奴でした。

居なくなって、一緒にいられる幸せを痛感しました。
迷惑がられても、拒否られても、
真っ白白なバニラちゃんが、グレーになるくらい
いっぱいいっぱいスリスリしてください(笑)
ワンコがウチに居るって、ホント幸せなことですね・・・(*´▽`*)



トラックバック

URL :

プロフィール

ルフィママ

Author:ルフィママ
2011年10月5日生まれの
レッドプードル(元♂)を中心に
旦那と息子の3人1ワンで
暮らしています♪
大阪人主婦
家族でルフィを絶賛溺愛中!!

コメント頂けたら嬉しいです☆

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
いくつになったの?

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。